記憶の三つの重要な区分

今日、心理学者たちは記憶について三つの主要な区分をしている。

第一は記憶の三つの段階に関係をしており、符号化(encoding stage:または「記銘」)、貯蔵(storage stage:または「保持」)検索(retrieval stageまたは「想起」)である(詳しくは記憶過程の三段階で)。

第二は、短期と長期に情報を貯蔵する二つの異なった記憶に関係している。

第三の区分は、異なった種類の記憶の情報(事実系統と技能系統)を貯蔵するために使われる、それぞれ異なった記憶についてである。

これらの区分のそれぞれに対して、区分される存在(いうならば、短期記憶と長期記憶)は、脳の異なる組織によって部分的に扱われている。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ