青年期の発達

青年期(adolescence)は児童期から成長期への移行期にあたり、およそ12歳から身体的な成長がほとんど完了する10代後半ごろまでとされている。この時期において、若者は性的に成熟し、家族とは異なる個人としての自我同一性を確立する。

性の発達

思春期(puberty)は、性的に成熟し、子でもカラ生物学的に成熟した大人へと変容し、性的生殖が可能になる。最初は、急激な生理的成長(青年期の急激な成長)から開始され、その後、生殖器や第二次性徴の漸進的な発達へと続く(女子では胸部、男子では喉ぼとけが発達し、両性に恥毛が現れる)。

初潮(menarche)、すなわち最初の月経は、相対的に思春期の終わりである。女子の急成長が頂点に達したおよそ18か月後に発生する。最初の初潮は不規則性で排卵(成熟した卵子を排出)は通常、初潮の約1年後に始まる。男子の最初の射精は、特に急成長が開始されたおよそ2年後に生じる。

最初の精液には精子が含まれていないが、精子の数やその受精能力は徐々に増加する。

思春期の開始年齢やその進行の速度は、個人差がかなり大きい。11歳で早く初潮を迎える女子もいれば、遅い場合17歳でようやく初潮に至る女子もいる。初潮の平均年齢は12歳である。男子では平均して、急成長ならびに成熟に至るのは女子よりも約2年遅れる。

彼らは12~16歳の年齢において、ときどき生きた精子を射精し始める。その平均年齢は14歳半ばである。思春期における個人差がかなり大きいことは、中学1,2年生(7~8年生)の教室を見れば明らかで、成熟した女性のように十分発達した胸や丸まった臀部の女子もいれば、依然として少女のような体格ならびに体系のままの女子もいる。

ひょろ長く大人のように見える男子もいれば、反対に9歳か10歳にしか見えない男子もいる。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ